お知らせ 簡単に腑に落ちる英文法

前置詞の使い分け(to, for)

更新日:

こんにちは。今日も混乱しやすい前置詞について使い分けをご紹介します。

今日はtoとforです。

これも混乱しやすい前置詞ですね。

両方、〜のために、って訳すのが基本形ですが。。。

 

例えば、

①I bought a present for her.

②I gave a present to her.

この二つの意味の違いが分かりますか?

女性に実際にプレゼントが届いているのはどちらの状態でしょう?

正解は②の状態です。

 

①の状態は、彼女のためにプレゼントを買ってはいますが、まだそれが実際に彼女の元に届いていません。

②の状態はすでに彼女が実際にプレゼントを手にしています。

 

toとforの違いは、「二つが実際に接着しているか」となります!

詳しく解説していきますね。

 

1. to

上の例文からも分かる通り、接着しているイメージはtoです。

I gave a present to her.

プレゼントが彼女とくっ付いている状態ですね。

 

既にプレゼントが彼女にある場合はtoを使うのが正解です。

同じように

I went to Tokyo.

と言ったら、既に私は東京に付いているイメージです。

I am happy to see you.

だったら、私の幸せとあなたと会えることがくっ付いていますね!

 

2. for

それに対してforは狙いは定めているけれど、またくっ付いていない感じです。

I bought a present for her.

と彼女のためにプレゼントを買ったけど、まだ彼女はそれを受け取っていない。プレゼントと接着していない状態です。

 

I went to Tokyo.という先ほどの例文も

I left for Tokyo.と対比させると分かりますね。

forを使っているので、東京に向かって出発したけれどまだ到着していないイメージです。

 

だからforは、〜のためにというイメージの他に、〜に向かってというイメージで使うと良いと思います。

 

前置詞はこうやってイメージで覚えておくと、使いやすくなると思いまーす♡

 

-お知らせ, 簡単に腑に落ちる英文法

Copyright© 未知子の英語コーチング , 2020 All Rights Reserved.