お知らせ 簡単に腑に落ちる英文法

be動詞と一般動詞の原型

投稿日:

こんにちは未知子です。

先日書いたこちらの記事

英語の概念を理解する(テリトリー意識)

ここの説明でもあるように、英語の単語や文法を単に丸暗記するのではなく、

イメージで覚えていく、というのが非常に大事です。

言語は左脳だけでロジックを使って覚えるのではなくて、

右脳もきちんと使ってイメージや感覚を使うと実はより深く理解できるんですね。

 

今日は、be動詞と一般動詞の現在形について解説したいと思います。

be動詞や一般動詞の現在形は本当に基本中の基本なので、

みなさん、学校の授業では「こういうもの」と特に深く考えずに今まで英語を学習されてきたかと思います。

 

このHPでこれから時制や受動態、仮定法などより複雑な文法を解説していきますが、

その前に本当に大前提のbe動詞や動詞の現在形ってどういうもの?というのを理解しておくと、

後の難しい文法の理解がとってもスムーズになると思っています。

 

1.be動詞

まず、そもそもbe動詞ってなんでしょうね?

最初に習う英語、This is a pen. I am a student.

be動詞が含まれていますね。

be動詞のコアな意味は、「存在すること」と「状態」です。

This is a pen. 「これはペンという存在です。」

I am a student. 「私は生徒という存在です」この場合は「状態です」でも通じますね。

形容詞が補語となる場合も、状態を表しますよね。

I am happy.

This picture is very famous.

こんな風に形容詞も主語の様子や状態を表すので、be動詞と共に使います。

 

そう考えるとなぜ進行形にbe動詞が使われるかも分かりますよね。

He is studying English now.

「今、英語を勉強している」という状態を表しているからです。

 

2.一般動詞

そして次は一般動詞。いわゆるdoとかplayとかです。

これも英語の勉強を始めて極初期に出てくる表現です。

He plays tennis.

I have a dog.

このように動作を表すのに使うのが一般動詞ですね。

 

be動詞は、「状態」「存在」でした。

それに対して、一般動詞は名前の如く「動き」を表します。

 

be動詞は目的語が取れませんが、一般動詞は多くの動詞が目的語を撮れます。

これも一般動詞の「動き」の性質のものです。

動くとエネルギーも動きますよね。

その矛先が目的語というものです。

I have a pen.

私が持つという動きがpenに向かった、という動きの方向性が出るんです。

 

be動詞は状態ですから言わば「静」の状態ですね。

一般動詞は動きがあり、対象の目的語に向かってエネルギーが動くイメージです。

 

そうなると、目的語を持たない、いわゆる自動詞はどうなるの?という疑問が出てくると思いますが、

自動詞は主語から動きが出て、主語に動きが帰ってくる感じです。

I walk.

私が歩いて、その動きが私に戻ってきます。

自分で歩けるのでエネルギーは自分に向かっていますよね。

これに対して他動詞は、

He throws a ball.

彼は投げるという動作をボールに向かってしています。

自動詞、他動詞の違いは動きの対象が主語以外にあるかどうか、ということです。

 

今日はbe動詞は「静」のエネルギー、一般動詞は「動」のエネルギーと覚えていただければバッチリです!

 

 

 

 

-お知らせ, 簡単に腑に落ちる英文法

Copyright© 未知子の英語コーチング , 2020 All Rights Reserved.