簡単に腑に落ちる英文法

aとtheの使い分けについて

投稿日:

aとtheの使い分けについて、よく質問を頂くので、

まとめておきますね。

aは想像できない、theはイメージできる。

基本原則が、aは具体性がなく、theは具体的にイメージ出来る場合です。

a woman,

a book,

a desk,

a boy,

a pen...

aが付いている名詞は話す人が具体的に頭の中でイメージ出来ていない場合に使っています。

a womanの場合も、個別具体的な顔までイメージして話しているわけではなく、「女性一般」という感じです。

a bookもどんな表紙でどんな内容の本か、そこは不明で、一般的な「本」を表しています。

 

対して、theが付く名詞は、話す人が自分でどんな物か(人か)イメージ出来ています。

the womanとなった場合は、具体的にどんな女性か顔やどんな人か完全にイメージ出来ています。

The woman is Nancy.

というように、既にその女性がナンシーであるということを頭の中で思い描いけている場合は、theが付きます。

The book is on the desk.

この場合も、イメージ出来る(例えば自分の使っている机)にある、ある特定の本を指していて、どんな本か自分でちゃんと具体的にイメージ出来ています。

 

これで大分分かってきましたでしょうか?

 

例文で理解を深めよう

実際に使うときはこんな感じです!

I saw a beautiful woman yesterday.

I realized the woman was Nancy.

 

I went to a bookstore to buy a book.

I bought the book written by Haruki Murakami.

 

どうですか?theが付くのは自分でちゃんとイメージ出来ますよね?

 

私も散々aとtheの使い分けについて学んできましたが、

この覚え方が一番分かりやすく、ネイティブのaとtheの概念に近いと思います。

 

未知子

-簡単に腑に落ちる英文法

Copyright© 未知子の英語コーチング , 2019 All Rights Reserved.