お知らせ 簡単に腑に落ちる英文法

前置詞の使い分け(in, on, at)

投稿日:

前置詞って、日本人が最も苦手とするところですね。

前置詞は、これといった特定の意味で覚えるよりも、イメージで覚えておくことをお勧めします♡

今日は、場所や位置を表す前置詞in,on,atについて説明しますね。

こちら多くの生徒さんが混乱するイメージです。

 

大雑把にいうと、

inは空間を表し、

onは面を表し、

atは点を表します。

このイメージを掴んでおくだけで、結構間違いが少なくなると思います。

 

詳しく説明していきますね。

 

1. in

inは動ける範囲を表します。

inはこの範囲内なら動けるというイメージです。

だから広い領域を表すことが多いです。

I live in Japan.

I will move to Japan in March.

I met him in the afternoon.

日本という範囲内に住んでいる。

3月という範囲のどこかで日本に引越しする。

午後という範囲のどこかで彼に会った。

そういう感じで、広い範囲を示します。

だからイメージとしては3次元の空間です。

 

2.on

これに対しonは面となります。

I live in Japan.でしたら空間も地上も全部日本の中という感じですが、

I live on the earth.でしたら、地球にくっついている感じ。

また、I met him on the street.としたら通りに接した状態で彼に会った、というイメージ。

The book is on the table.だったら、テーブルの上面に本がくっ付いているイメージです。

だから面に接している、というイメージがぴったりです。

 

3. at

最後のatは点です。

ピンポイントでここ!というのを指します。

I met him in Tokyo.だったら東京という広い範囲のどこかで彼と会ったイメージですが、

I met him at the Tokyo station.と言ったら、東京駅というただ一点を指すイメージです。

 

同様に、I met him in the afternoon.だったら午後のどこかで彼に会ったことになりますが、

I met him at 2 o'clock.だったら、2時ちょうど、という点を表します。

よく使うlook at のこのatも一点をさして、見て!というイメージですね。

 

前置詞は、生徒さんとのレッスンでも間違いが多いので、また少しずつ解説していきたいと思いまーす♡

-お知らせ, 簡単に腑に落ちる英文法

Copyright© 未知子の英語コーチング , 2020 All Rights Reserved.